ベストオブガイド 東京

東京のホテル内にあるレストラン

9 レストラン
ホテル内のレストランには、充実した施設、細やかなサービス、アクセスの良さなど、ホテルならではの付加価値があります。記念日のお祝い、家族との食事、接待など様々なシーンでの利用に。あなたの特別なダイニングエクスペリエンスは、ホテルに一歩足を入れた瞬間から始まっています。(Hero illustration: ⒸPalace Hotel Tokyo)
更新日 2023年9月14日
レ セゾン/Les Saisons
千代田区内幸町 1-1-1 帝国ホテル東京 本館 MF, 100-8558 東京
¥¥¥ · フランス料理
1890年、渋沢栄一と大倉喜八郎が日本の近代化のために創業。建築をフランク・ロイド・ライトが手掛けたことはあまりにも有名。広々とした本館ロビーは現代の社交場らしく、装花の前で記念撮影する人々は想い出として記憶に残る。2030年にタワー館、2036年に本館が新たになる。残された建物の「帝国ホテル東京」を訪れたい。
トゥールダルジャン 東京/Tour D'argent Tokyo
千代田区紀尾井町 4-1 ホテルニューオータニ東京 ザ・メイン ロビー階, 102-8578 東京
¥¥¥¥ · フランス料理
1582年、本能寺の変と同じ年に創業したパリのトゥールダルジャン。世界中の美食家から愛され続け、唯一の支店が「ホテルニューオータニ東京」。フォークの逸話、三皇帝に捧げたフォワグラ、鴨に付けるナンバーは、パリと東京で受け継がれる。優雅なひとときを過ごせ、記念日や大切なゲストをより特別な演出でもてなせる。加藤清正、井伊家の屋敷跡に現存する日本庭園。ランチなら窓の外に広がる日本庭園を眺めることができる。
セザン/SÉZANNE
千代田区丸の内 1-11-1 フォーシーズンズホテル丸の内 東京 7F, 100-6277 東京
¥¥¥¥ · フランス料理
東京駅のプラットフォームに近いラグジュアリーホテル「フォーシーズンズホテル丸の内東京」は、都会のオアシス。フレンチファインダイニング「セザン」で供されるのは、北米、欧州、アジアで最先端のガストロノミーを培ってきたダニエル・カルバート氏の洗練された料理。待ち合わせやアペリティフは併設されるバー&シャンパンラウンジで。個室はガラス張りのキッチンに面したシェフズテーブル。シェフたちの躍動する光景が会話を盛り上げる。
寅黒/Torakuro
千代田区内幸町 1-1-1 帝国ホテル東京 タワー館B1F, 100-8558 東京
¥¥¥¥ · 日本料理
「帝国ホテル東京」本館は日比谷公園の向かい、「寅黒」へは東京宝塚劇場前に位置するタワー館から入るが便利。地下の和空間で「石かわグループ」がホテルスタッフと共に手掛ける日本料理を味わえる。テナントではなく、帝国ホテルが初めて直営する日本料理店。石かわグループの活気を基に、ホテルならではの安心感も与えてくれる。
ピッツァバー on 38th/The Pizza Bar on 38th
中央区日本橋室町 2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京 38F, 103-8328 東京
¥¥¥ · ピッツァ
世界有数のラグジュアリーホテル「マンダリンオリエンタルホテル東京」。江戸の中心として栄えた歴史ある日本橋に立ち、街並みを散策するのも楽しい。レストラン「ピッツァバー」は最上階にある。タワーには三井記念美術館があり、国宝や重要文化財の芸術作品を愛でた後、一息入れる際の利用にも向く。
中国飯店 琥珀宮/Chugoku Hanten Kohakukyu (Amber Palace)
千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 5F, 100-0005 東京
¥¥¥ · 中国料理

国有国営ホテルから歴史が始まり、1961年の開業から時を重ねてきた「パレスホテル東京」。日本の象徴でもある皇居のそばに立ち、1丁目1番地は丸の内の始まり。中国飯店が手掛けるレストランは、琥珀色に輝くレセプションが印象的。ゆったりとした空間に中国の意匠が施され、各種個室を備えることから接待やグループでの会食に好適。折り目正しいもてなしもホテルらしい。

ピエール・ガニェール/PIERRE GAGNAIRE
港区赤坂 1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 36F, 107-0052 東京
¥¥¥¥ · フランス料理
赤坂、六本木をつなぐ、港区再開発の先駆けでもあった「アークヒルズ」内に位置する「ANAインターコンチネンタルホテル東京」。複合施設には、オフィスビル、ホテル、イベント広場など、様々な機能をコンパクトシティにし、利便性を高めている。サントリーホールは、著名な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンが設計に携わり、広場の名前にもなっている。「ピエール・ガニェール」、36階からの眺めは壮観。料理は好奇心と創作意欲にあふれ、クラシックに学びながらも大胆な工夫で魅了する。パリと東京、時差無しのクリエイティブな料理を味わいたい。
エステール/ESTERRE
千代田区丸の内 1-1-1 パレスホテル東京 6F, 100-0005 東京
¥¥¥ · フランス料理
江戸時代、武士だけが通ることが許されていた和田倉門に隣接する「パレスホテル東京」。開放的なガラス張りのダイニングから、皇居外苑の景色を望む。3つの個室は大切な家族の記念日や顔合わせ、接待といった会食の場にふさわしい。大手町駅からは地下直結、東京駅から徒歩圏内、利便性も高い。
エスト/est
千代田区大手町 1-2-1 フォーシーズンズホテル東京大手町 39F, 100-0004 東京
¥¥¥¥ · フランス料理
ダイニングは「フォーシーズンズホテル東京大手町」の最上階に位置、都心のパノラマビューを楽しむことができる。シェフのギヨーム・ブラカヴァル氏は、日本のテロワールと生産者に敬意を払い、自身のフィルターを通して季節の移ろいや風土を表す。天候が良ければ、食後は東京タワーや富士山を望むテラスでくつろぐのもおすすめ。